農薬登録支援事業

新しい農薬を開発し、農薬として農林水産省に登録、販売されるまでには様々な試験が必要とされます。これら試験の1つに農薬の農作物への残留性を調査する作物残留試験があります。作物残留試験は農作物に残留基準値を設定する上で重要な試験で、高度な分析力と農薬に関する知識が求められる試験です。弊社は、作物残留試験を設立以来実施し、農薬開発の一端を担っております。また、近年より農薬登録のための物理的化学的性状試験の一部について、対応しております。

作物残留試験

作物への残留量を把握して、残留基準値を設定するための試験です。
登録申請作物ごとに行うこの試験では農薬の最終散布日から1日後、3日後、7日後及び14日後のように、経時的に収穫物を採取し、それぞれの残留量を精密に測定します。この試験から、作物中に残留する農薬の最大濃度、さらに作物中での経時的な推移(減衰)を知ることができます。

引用元:FAMIC

物理的化学的性状試験

農薬登録に必要とされる物理的化学的性状に関する試験です。
このうち、農薬の標準品や原体、製剤を対象とした純度分析、農薬の原体を対象とした成分分析(組成分析)といった項目に対して、GLP対応で実施します。