新着情報

2019年09月17日
令和元年8月6日 農林水産省消費・安全局長通知の
「配合飼料中のカビ毒管理基準 新設項目(ゼアラレノン、デオキシニバレノール及びフモニシンB1,B2,B3)」の受託を行っております。 飼料の残留農薬、重金属分析も受託可能です。お気軽にご相談ください。
2019年08月21日
消費税法改正に関するご案内
消費税法の一部改正に伴い、2019年10月1日より消費税率及び地方消費税率が8%から10%へ引上げられることが予定されております。
これに伴い2019年9月30日までにご依頼いただきました場合についても、分析結果報告書の発行が2019年10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されますのでご確認ください。 ご不明な点については、各営業担当にご確認ください。
2019年08月02日
国内新規登録農薬 フルエンスルホン(親化合物のみ)の受託を開始しました。
2019年07月31日
海外穀物等登録農薬 シプロスルファミド、チエンカルバゾンメチルの受託を開始しました。
2019年07月12日
国内芝用除草剤 アミカルバゾンの水質検査の受託を開始しました。
2019年07月09日
夏季休業のご案内
誠に勝手ながら8月10日(土)~8月14日(水)までを夏季休業期間とさせていただきます。
8月15日(木)より通常営業いたします。
2019年05月31日
移転のお知らせ
7月1日(月)より大阪営業事務所は、大阪分析センター内に移転します。
2019年05月28日
海外穀物等登録農薬 ハロウキシフェンメチルの受託を開始しました。
2019年04月18日
大型連休に伴う休業につきまして
誠に勝手ながら4月27日(土)から5月6日(月)まで休業とさせていただきます。
2019年04月01日
国産「野菜・果樹」、「玄米」を対象とした一斉分析メニューの受託を開始しました。
2019年02月12日
国内新規登録農薬 トリアファモン、フロメトキンの受託を開始しました。
2018年11月21日
年末年始休業につきまして
誠に勝手ながら12月29日(土)から1月6日(日)まで休業とさせていただきます。
2018年10月22日
国内新規登録農薬 ピラジフルミドの受託を開始しました。
2018年09月19日
海外穀物等登録農薬 ベンゾビンジフルピルの受託を開始しました。
2018年08月22日
国内新規登録農薬 シクラニリプロール、ピカルブトラゾクスの受託を開始しました。
2018年07月05日
夏季休業のご案内
誠に勝手ながら8/13(月)~8/15(水)までを夏季休業期間とさせていただきます。
8/16(木)より通常営業いたします。
2018年05月30日
中途採用情報を更新しました。
2018年04月23日
平成30年度検疫所モニタリング一斉分析項目の受託を開始しました。
2018年04月16日
GW営業のご案内
5月1日(火)および5月2日(水)は通常通りに営業致します。
2018年04月02日
GAP導入をご検討されているお客様のご相談を随時受付けております。
2017年12月20日
テブフロキンの受託を開始しました。
2017年12月5日
年末年始休業につきまして
2017年10月2日
国内新規登録農薬 オキサチアピプロリンの受託を開始しました。
詳細につきましては各営業担当にご相談下さい。
2017年9月15日
「食品開発展2017」に出展致します。
また、10/4展示会場にてプレゼンテーションを行います。
2017年8月1日
GAP導入をご検討されているお客様へ
弊社は、ISO17025認定機関(大阪分析センター)、登録検査機関であり、GAP申請に係る農作物の残留農薬検査を実施している機関です。
是非、ご相談ください。
2017年7月20日
夏期休業につきまして
2017年6月16日
大阪営業事務所移転のおしらせ
東京分析センター閉鎖のおしらせ
2017年5月12日
試料送付先変更のお知らせ
2017年4月20日
中途採用情報を更新しました。
2017年4月19日
平成29年度検疫所モニタリング一斉分析項目の受託を4/19(水)より開始いたします。
*詳細につきましては各営業担当にご相談下さい。
2017年4月7日
水道水の水質管理目標設定項目における農薬類120項目の検査について
平成29年4月1日付の法改正に対応した検査が可能となっております。
※検査内容の詳細については営業担当までお問い合わせ下さい。
2017年4月3日
国産の野菜・果樹、玄米を対象とした一斉分析メニューをリニューアルしました。
※新規登録農薬にも対応しております。
4月3日より新メニューでの受託を開始します。
詳細につきましては各営業担当にご相談下さい。
2017年3月8日
フルアジホップをフルアジホップブチルの表記に変更致します。
*平成29年2月23日付生食発0223第1号により厚生労働省により公布されている食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示370号)の一部が改正(平成29年厚生労働省告示第49号)されたことを受けて、平成29年3月8日受託分の分析結果報告書より、フルアジホップをフルアジホップブチルの表記に変更致します。
2017年3月3日
牛糞・堆肥・土壌・肥料等に残留する除草剤(クロピラリド)の受託を開始しました。
肥料関係試験法 肥料等試験法(2016)を基に開発した試験法で受託を行います。
※価格、納期等、詳細につきましては別途ご相談下さい。
2016年12月22日
本社事務所移転のご案内
2016年12月16日
ISO17025試験施設認定機関PJLAのホームページにおいて、弊社大阪分析センターが紹介されております。
2016年12月2日
年末年始休業につきまして
2016年9月23日
第112回日本食品衛生学会学術講演会にて口頭発表を行います。
開催日:2016年10月27-28日
演 題:「農産物中イミノクタジンの新しい残留分析法の開発」
2016年9月16日
開催期間 10月5日(水)~7日(金)
また、5日(水)15:00より、展示会場 西2ホール内E会場にて
「農薬残留分析の歩みと有用な残留分析について」
(日本エコテック(株)技術統括部 西澤 秀男)を発表させて頂きます。
弊社ブース、プレゼンテーション詳細につきまして、こちらをご覧下さい。
2016年7月25日
「プリン体」の分析受託開始
測定対象:アデニン、キサンチン、グアニン、ヒポキサンチン
定量下限:各0.01mg/100g~
※価格、納期、分析対象品目等、詳細につきましては別途ご相談下さい。
2016年7月22日
夏期休業につきまして
2015年12月25日
採用情報につきまして
2015年12月1日
年末年始休業につきまして
2015年9月1日
平成27年度検疫所モニタリングメニュー改訂
*平成27年8月20日(木)の検疫所モニタリング計画改訂に対応。
2015年8月11日
大阪分析センターISO/ IEC17025認定取得(2015.7.24付け)
2015年7月17日
夏期休業につきまして
2015年6月22日
ホームページをリニューアルしました。
2015年2月3日
食品一般分析情報更新
2015年1月21日
食品一般分析(栄養成分、添加物、微生物、重金属、規格試験)
東京分析センターにおいて、栄養成分、重金属、食品添加物、微生物、規格試験を開始いたしました。
2014年12月3日
年末年始休業につきまして
2014年10月3日
平成26年度検疫所モニタリング一斉分析メニュー
改訂 *平成26年9月26日(金)の検疫所モニタリング計画改訂に対応。
2014年10月1日
「食品開発展2014 」に出展いたします。
開催期間:10月8日(水)~10日(金)
会場:東京ビッグサイト
*9日(木)12時45分より、出展社プレゼンルームD会場にて「食品分析における誘導体化技術の応用-そのメリットとコツ―」を発表させて頂きます。ご来場をお待ちしております。
2014年8月27日
「ダイファシノン(殺鼠剤)」、「シアントラニリプロール(殺虫剤)」の分析受託開始
※価格、納期、定量下限値等、詳細につきましては、別途ご相談下さい。
2014年7月25日
夏期休業につきまして
2014年3月10日
消費税率引き上げに伴うご案内
2013年12月9日
年末年始休業につきまして
2013年10月7日
「食品開発展2013 」に出展いたします。
開催期間 10月9日(水)~10日(金)
また、9日(木)12:10より、プレゼンルームE会場にて
「農薬の物性からみる検出事例と原因究明」
(日本エコテック(株)特別技術顧問 西澤 秀男)を発表させて頂きます。
ご来場をお待ちしております。
2013年8月1日
夏期休業につきまして
2013年5月1日
「ifia JAPAN 2013 」に出展いたします。
開催期間 5月15日(水)~17日(金)
15日(水)12:00より、食の安全科学内ゾーンセッション会場にて、「LC-MS/MSを用いた食品中のヒスタミン分析」につきまして、発表させて頂きます。
弊社ブース、プレゼンテーション詳細につきまして、こちらをご覧下さい。
2013年4月30日
平成25年度検疫所モニタリング一斉分析受託開始
*項目数、価格等の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
2013年4月1日
国内残留農薬一斉分析シリーズ「国内野菜・果実164」の受託開始
新規追加3項目(スピロテトラマト、フルオピコリド、ピリベンカルブ)
定価:70,000円
※納期、定量下限値等、詳細につきましては、別途ご相談下さい。
国内残留農薬一斉分析シリーズ「国内産玄米113」の通常納期変更
通常納期 旧:7営業日→新:5営業日に短縮
※検査の受注状況より変動する場合がございます。詳しくはお気軽にお問合せ下さい。
2013年3月18日
「アマンタジン」の分析受託開始
項目:アマンタジン(抗菌剤:鶏肉、豚肉について)
定価:25,000円
※納期、定量下限値等、詳細につきましては、
別途ご相談下さい。
2013年3月4日
第38回 日本農薬学会で、弊社技術所員が発表をおこないます。
講演日時:3月15日(金) 13:30~
場所:B会場(筑波大学・第3エリアA棟 402室)
演題:「スパイス中の残留農薬一斉分析の検討
      ~夾雑物に着目した改良~」
講演者:大阪分析センター 手銭 良太郎
2013年1月8日
本社移転につきまして
2012年12月3日
年末年始休業につきまして
2012年10月3日
「食品開発展2012 」に出展いたします。
開催期間 10月3日(水)~5日(金)
また、5日(金)16:30より、プレゼンルームC会場にて「放射能検査における前処理の注意点と精度管理」(日本エコテック(株) 福島分析センター所員 斎藤 剛)を発表させて頂きます。
ご来場をお待ちしております。
2012年7月31日
夏期休業につきまして
2012年5月9日
「ifia JAPAN 2012 」に出展いたします。
開催期間 5月23日(水)~25日(金)
24日(木)12:00より、食の安全・科学ゾーンセッション会場にて「我が社の放射能測定の取り組み」につきまして、発表させて頂きます。

*弊社ブース、プレゼンテーション詳細につきまして、こちらをご覧下さい。
2012年4月10日
平成24年度検疫所モニタリング一斉分析受託開始
*項目数、価格等の詳細につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
2011年12月20日
≪年末年始休業のご案内≫
誠に勝手ながら12/29(木)~翌年1/4(水)は冬季休暇とさせて頂きます。
新年は1/5(木)より営業させて頂きますのでどうぞ宜しく御願い申し上げます。
2011年11月1日
放射性物質分析を行っております。
2011年10月5日
放射性物質分析、10月下旬受託開始予定。
分析対象:食品全般、水、飼料他
分析方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いた
       ガンマ線スペクトロメトリー(核種分析)
(厚生労働省 緊急時における放射能測定マニュアルに準拠)
分析項目:放射性ヨウ素(I-131), 放射性セシウム(Cs-134,Cs-137)
*詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。
2011年9月22日
「食品開発展 2011 」に出展いたします。
開催期間 10月5日(水)~7日(金)
2011年8月11日
放射性物質分析受託開始する予定です。
分析対象:食品全般、水、飼料他
分析方法:ゲルマニウム半導体検出器を用いた
ガンマ線スペクトロメトリー(核種分析)
(厚生労働省 緊急時における放射能測定マニュアルに準拠)
分析項目:放射性ヨウ素(I-131), 放射性セシウム(Cs-134,Cs-137)
分析料金:未定
受託開始時期:平成23年10月上旬を予定
*詳細はお気軽にお問い合わせ下さい。
2011年8月10日
夏期休業につきまして
2011年4月25日
平成23年度検疫所モニタリング一斉分析受託開始
*項目数、価格等の詳細につきましては、食品分析ページを御参照下さい。
その他ご不明な点につきましては、お気軽にお問い合わせ下さい。
2011年4月9日
「ifia JAPAN 2011」に出展いたします。
開催期間5月18日~20日
2011年4月8日
福島分析センター通常業務を行っております。
*物流等が「東北地方太平洋沖地震」の影響により停滞しており、御客様には大変ご迷惑をおかけしましたが現在は回復し、通常通り業務を行っております。
2011年3月16日
「東北地方太平洋沖地震」につきまして
2011年2月21日
フモニシンB3の分析受託開始(カビ毒分析)
項目:フモニシン(B1、B2、B3)
定価:22,000円 
納期:7~10営業日
*定量下限値等、詳細につきましては、別途ご相談下さい。
2011年2月15日
アクリルアミドの分析受託開始
(分析可能項目 馬鈴薯加工品、穀類加工品等)
定価:25,000円
納期:5営業日
*詳細につきましては、別途ご相談下さい。
2010年12月21日
≪年末年始休業のご案内≫
誠に勝手ながら12/29(水)~翌年1/4(火)は冬季休暇とさせて頂きます。
新年は1/5(水)より営業させて頂きますのでどうぞ宜しく御願い申し上げます。
2010年11月19日
ゴルフ場で使用される農薬の水質汚濁の防止に係る暫定指導指針追加29項目(全72項目)の検査受託開始
【最終改正 平成22年度9月29日環水大土発第100929001号】
2010年10月10日
「食品開発展 2010 」に出展いたします
開催期間 10月13日(水)~15日(金)
2010年4月23日
「ifia JAPAN 2010 」に出展いたします
開催期間 5月19日~21日
2010年4月13日
当月の組織改編により、大阪分析センター(大阪府河内長野市)にて実施しておりました水質・土壌の農薬分析業務は福島分析センター(福島県二本松市)に移管し、強化して行くこととなりましたのでご案内申し上げます。

お問い合わせ先 
〒964―0981
福島県二本松市平石高田4-286
日本エコテック㈱ 福島分析センター
TEL 0243―23―7851 
FAX 0243―23―7852
2010年4月9日
平成22年度検疫所モニタリング一斉分析受託開始
2010年3月17日
農薬登録試験(作物残留試験)における、GLP施設として適合確認されました。
※作物残留試験は農薬残留基準値の設定あるいは変更のために、作物に農薬を散布しその残留量を調べる試験です。
2010年1月25日
ゴルフ場農薬、一般名:スティンガーフロアブル
(農薬名:フルベンジアミド)の分析受託 行っております。
2009年12月21日
≪年末年始休業のご案内≫
誠に勝手ながら12/29(火)~翌年1/3(日)は冬季休暇とさせて頂きます。
新年は1/4(月)より営業させて頂きますのでどうぞ宜しく御願い申し上げます。
2009年11月12日
ゴルフ場農薬、一般名:コンクルード顆粒水和剤
(農薬名:フルポキサム)の分析受託開始
2009年9月11日
大阪市の検査でグリーンアスパラガスより基準値を超えたイソカルボホスを検出(基準値0.01ppmのところ0.09ppm検出)、回収命令
※イソカルボホス残留検査は受託可能(一斉分析・Target-200 有機リン60に含まれます)
2009年8月31日
「クロラントラニリプロール」の分析受託開始
2009年8月19日
「食品開発展2009」に出展いたします。
開催期間 10月14日~16日
2009年6月1日
ペットフード安全法に基づく
平成21年度 成分規格9項目の分析受託開始
(ペットフード分析)
定価80,000円(9項目セット価格)
2009年5月23日
平成21年度検疫所モニタリング一斉分析受託開始
2009年5月20日
国内最大級メニュー
動物用医薬品一斉分析 150項目受託開始
2009年4月2日
トータルアフラトキシン(B1,B2,G1,G2)の分析を値下げしました。
¥30,000→¥23,000
2009年3月23日
カビ毒一斉分析受託開始
(アフラトキシン類、トリコテセン類等 最大13項目)
2009年3月2日
「ifra JAPAN 2009 」に出展いたします。
開催期間5月20日~22日
2009年2月9日
「T-2,HT-2,フモニシンB1,B2,ゼアラレノン」の分析受託開始
2009年1月14日
ホームページリニューアル
2008年12月05日
「アフラトキシン5種(B1.B2.G1.G2.M1)」の分析受託開始
*乳製品(牛乳、バター、調整粉乳等)可能…詳しい内容についてはお問い合わせください。
2008年10月27日
「パラジクロロベンゼン」、「ナフタレン」の分析受託開始
2008年10月10日
「メラミン」の分析受託開始(納期:5日~)
2008年9月19日
第96回日本食品衛生学会学術講演会で発表
2008年5月15日
大阪分析センターで水質の「メトコナゾール」の受託開始
2008年5月1日
平成20年度輸入食品等のモニタリング検査対応メニュー 受託開始
2008年2月25日
中国等で使用頻度の高い有機リン系60項目の農薬検査を実施します。(納期:最短3日~)冷凍食品、加工食品(餃子等)に残留する有機リン系57項目